AnnoStationは
プロジェクトチームの作業効率を向上させます

メインビジュアル

画像認識AI開発が本格化し、アノテーションの量が増えたら、チームを拡大したり、外部サービスやリソースを活用することを検討してみましょう。
AnnoStationを使用することで、部門間やオフィスが離れていてもプロジェクトを効率的に管理しデータの品質を保つことができます。

無料トライアル

プロジェクトの規模が大きくなるにつれ
プロジェクト管理はより困難になります

  • イラスト

    進捗状況が把握できない

    チームのメンバーが増え、特に外部のチームやリソースがプロジェクトに参加するようになった時、エクセルシートや電子メールでのコミュニケーションに頼ると、進捗管理が難しくなります。

  • イラスト

    正しいデータが見つからない

    AIモデルのトレーニングには、常に最新のデータセットへのアクセスが必要です。フィードバックを繰り返した結果、データが個々のデスクトップに分散していたり、電子メールに添付されていたりすると、必要なデータの場所を把握することができなくなります。

  • イラスト

    プロジェクト終盤で間違いが発覚

    どんなに前もって準備していたとしても、画像のアノテーションには必ず予想していなかった難しいケースが出てきます。プロジェクトの終盤になって、このような間違いが発見された場合、すべてのアノテーションをやり直すなど非常に高いコストがかかります。

規模が拡大するプロジェクトを
妥協せずに成功に導く

  • イラスト

    品質

    頻繁なレビューとフィードバックを効率的に行うことで、高品質なアノテーションデータを保証します。

  • イラスト

    柔軟性

    開発の進捗に応じてアノテーションガイドラインを変更したり、アノテーションの進捗に応じて開発スケジュールを調整したり、開発ニーズに合わせた柔軟な対応が可能です。

  • イラスト

    時間

    プロジェクトとコミュニケーションを1か所にまとめることで、プロジェクトの後半に大きなやり直しが発生する可能性を最小限に抑えます。

AnnoStationを使用して
正確なアノテーションを素早く作成

  • プロジェクトマネージャー

    プロジェクトマネージャー

    プロジェクトマネージャーは常にプロジェクトの状況を把握し、最新の情報を元に意思決定を行うことができます。

アクセスコントロール

どのメンバーがどのプロジェクトにアクセス可能か、メンバーごとにアクセスできるプロジェクトをコントロールできます。

画像

プロジェクトをカスタマイズ

プロジェクトの要件に応じて、アノテーションラベルやカスタム属性を各プロジェクト毎に設定できます。

画像

リアルタイムの進捗把握

プロジェクトの現状をリアルタイムで把握できます。アノテーションの進捗状況やフィードバックの内容など、プロジェクトに関するすべての情報を踏まえた上でより良い判断を下すことで、プロジェクトの遅延やミスを回避することができます。

画像
  • エンジニア

    エンジニア

    必要なデータはAnnoStationに全て揃っています。エンジニアはその正確なデータを用いたAIモデルの開発に専念できます。

アノテーションの確認

指定されたURLをクリックするだけで簡単にアノテーションを確認することができます。アノテーションが難しい場合もエンジニアが素早くフィードバックを返すことにより、アノテーションデータを常に高品質に保つことができたす。

画像

データを一箇所に集約

チームメンバー全員がAnnoStationを使って作業することにより、データの紛失を防ぎます。ミスを防止することで、高精度なAIモデルのトレーニングに必要なデータセットを保証できます。

画像
  • アノテータ

    アノテータ

    シンプルで使いやすい機能を豊富に備えたアノテーションツールを使うことで生産性を向上できます。

正確なアノテーション

セマンティックセグメンテーションから物体検出まで、AnnoStationは高品質で正確なアノテーションを実現するために豊富なツールを提供しています。

画像

アノテーションの高速化

すべての操作にキーボードショートカットキーを使用できるため、アノテータの生産性を最大限に向上させるができます。

画像

フィードバックを素早く反映

アノテーションに対するコメントを画像上でピンスポットでアノテータに伝えることができます。指示に対する誤解や作業が必要な画像がすぐにわかるため、無駄なやりとりを減らすことができます。

画像

お問い合わせ

画像認識AI開発の無料PoCや、アノテーションツールに関するお問い合わせは、下記のフォームよりお問い合わせください。