Orni Vision 導入例

コンクリート構造物のひび割れ自動検出

Orni Visionを活用することで、橋梁・トンネル・コンクリート等の画像の中から自動でひび割れを検出することが可能です。

認識可能画像 : ドローン画像・マニュアル撮影画像・MMS画像
認識可能対象 : 橋梁・コンクリート・路面等
検出可能対象 : ひび割れ
入力形式   : 画像ファイル(最大4000px程度)
出力形式   : CAD/JSON/検出結果画像

AI認識精度例

AI開発と運用方法

  1. 1

    イラスト

    データを用意しアップロード

    AIの学習に使いたい画像データとアノテーションデータをOrniへアップロード。
    AnnoStationを使えば、より効率的にデータセットの作成が可能です

  2. 2

    イラスト

    タスクの種類を選択

    作りたいAIに合ったタスクの種類を選択。
    物体を検出するDetectionと領域を探し出すSegmentationからタスクを選ぶことが出来ます。

  3. 3

    イラスト

    Orni Visionで自動学習

    Orni Visionの学習機能が、最適な学習アルゴリズムと、事前準備済みの学習データを見つけ出し、高性能なAIモデルをトレーニングしてくれます。

  4. 4

    イラスト

    AIモデルを利用

    あなただけのAIモデルを学習し、ローカルのGPUマシンやクラウド上で自由に利用することができます。

コンクリート構造物のひび割れ自動検出のメリット

Orni VisionのAIモデルを利用することで、様々なビジネスメリットが得られます。

点検調査にかかる時間を大幅に削減

人間はボタン1つの操作でAIへ診断を指示。AIは数時間で劣化診断が完了。夜にAIを走らせておけば、朝には結果が確認可能なため、人間の作業工数を大幅に削減可能。

大量の作業にかかる人数の省人化

AIはどれだけ量が増えても高速で処理が可能です。
AIの操作を行う1人さえいれば、大量の自動診断も可能です。

誰もが活用できるサービスで脱属人化

点検/診断のノウハウはAIに蓄積されるため、AIシステムの操作方法さえ学べば、誰でも劣化診断が可能になります。

コンクリート構造物のひび割れ自動検出でのOrni Visionの使い方

ドローンやマニュアルで撮影した画像をAIへインプットすることで、CAD/JSON/画像形式で診断結果を出力します。
既存のレポートシステムとの柔軟な連携を実現します。

安心のAI開発と高い投資対効果を実現

ご利用価格 : 350〜1000万円 / AIモデル

  • イラスト

    AIの新規開発と精度検証 無料

    お客様の学習データを用いた、新規AIモデルの学習と精度検証(PoC)が無料で実施できます。
    そのため、AIの精度を確認したあとに、安心して購入と利用の開始が可能です。
    ※別途アノテーション費用(1枚数十円〜)がかかります。

  • イラスト

    学習後のモデル利用 定額

    一旦作成したモデルの利用には、利用枚数に応じた従量課金はありません。
    長期間使えば使うほど、高い投資効果を発揮します。

  • イラスト

    AIの再学習 定額

    利用開始後1年間は、何度でも定額で再学習ができます。
    モデルの利用中も並行してモデルを再学習させることができるため、汎用性と精度が継続的に向上し、安心してAIモデルの利用ができます。

利用までの流れ

  • イラスト

    お問い合わせ

    まずはHP下部のお問い合わせフォームからご連絡ください。AIで解決したい課題にあった最適なプランを提案いたします。

  • イラスト

    無料精度検証(PoC)

    お客様の学習データを用いて、新規AIモデルを開発し、無料で精度検証を行います。
    精度にご満足頂いた場合のみ、正式な利用を開始できます。

  • イラスト

    購入・利用

    正式利用の開始直後から、AIモデルをご利用いただけます。
    お持ちのローカル/クラウド環境等でお使いください。

         

その他の利用例

Orni Visionは学習データとアルゴリズムの組み合わせ方次第で、様々な用途に活用可能です。

お問い合わせ

画像認識AI開発の無料PoCや、アノテーションツールに関するお問い合わせは、下記のフォームよりお問い合わせください。